日本人のED治療

バイアグラでのED治療は効きすぎる?

バイアグラは世界初のED(勃起障害)治療薬として世に登場しましたが、効果が強すぎるという声もあります。空腹時に飲まなければならないことや、効果持続時間が4~5時間しかもたないこともあり、使いにくさも指摘されています。
それに比べると、第三世代のED治療薬は食事の影響を受けにくく、効果がマイルドに改良されています。
薬の効果が強いということは、それだけ副作用も強いということです。つまり、バイアグラは効果が強すぎるだけに、副作用が強くあらわれてしまう可能性が高いということです。
バイアグラの副作用で報告されているのは、血管拡張(ほてり・紅潮)、頭痛、鼻づまり、などです。稀に視力が低下したり、突発性難聴が起こることもあります。
ほとんどがほてりや鼻づまりといった副作用ですが、中には重篤な副作用が出てしまう危険性もあります。副作用が弱いものを選びたいのならば、第三世代のED治療薬のほうがおすすめです。
第三世代の治療薬の特徴は、効果持続時間が長いことです。約1日半もつので、ウィークエンドピルとも呼ばれています。効果持続時間が長いということは、効き目を抑えなければいけません。そのために、バイアグラよりも効果が弱めに作られています。そのおかげで、副作用も軽くてすむと言われています。また、バイアグラだと勃起力が強すぎてカチコチになってしまうけれども、第三世代の治療薬は効き目がマイルドなので自然な勃起の状態に近いと言われています。
ただし、勃起不全など症状が重い人の場合には、効き目が強いバイアグラでないと効果がでない場合もあります。まずは医師に相談して、症状がどれくらいかを診断してもらい、どの薬を使うべきか決めましょう。

■ここで安心できる治療を
ED治療は東京都港区新橋ファーストクリニック
■この薬でED治療
バリフ
■シアリスの詳細はこちら
シアリス
■ザイデナって知ってる?
ザイデナ